SAMPLE CAFE

甘藷の豆知識

甘藷(かんしょ)=さつまいも
学名 Ipomoea batatas L. ヒルガオ科サツマイモ属の植物
栄養素 食物繊維、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンE、カリウム
原産国 中央アメリカ
日本に来たのは17世紀初期。さつまいもと呼ばれるようになったのは薩摩地方から日本各地に伝えられたためと言われています。
食物繊維 さつまいもはセルロース・ペクチンなどの食物繊維が豊富。食物繊維は、便秘を解消させる働きと、血液中のコレステロール低下の働き、そして血糖値をコントロールする働きがあります。その他にも、大腸ガン・高脂血症・風邪・シミ・そばかす・高血圧・糖尿病の予防に効果があるとされています。
ビタミンC さつまいもに豊富に含まれるビタミンC。実はリンゴの10倍以上相当の量が含まれていると言われ、それは、1本(中くらい・200g)で1日の必要量をほぼ摂取することができるとの検証もあります。ビタミンCは現代人にとって、とても重要な栄養素。コラーゲン生成を助ける働きや、免疫力の強化などの働きがあります。また、さつまいもに含まれるビタミンCは、加熱調理をしてもデンプンに守られて壊れにくいと言われています。

↑ PAGE TOP